東京都都議会 環境・建設委員会

「京王線を地下に」という請願について5月26日に都議会環境・建設員会で審議が行われましたが、建設局からの答弁は極めて事務的に「地下にすると現在の踏切が使えなくなるという」でした。では、どうすれば良いのかということを私たちは聞きたいのです。4線を高架にした場合には相当の用地が必要になります。また、法律により線路の両側に側道を設けなければならないために、相当数の住民の立ち退きが必要となります。用地買収の費用がどのくらいになるか?高架方式の方が用地買収により総工事費用としては高いのではないかと思います。
新宿から笹塚手前まではすでに地下になっています。とすれば現在地下の工事中の調布まで一気に地下化にする方が、工期、費用を含めても安くはないのでしょうか?
東京都は独自にこの京王線立体化について調査を進めていますが、この内容については一切公表していません。都議会の委員会でもこの内容については触れられていません。住民が納得する説明のためにも東京都はこの調査内容を早く公表するべきです。調査は税金で行われているのですから。

カテゴリー: 私たちの主張 — admin 2:57 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>